HOME > よくある質問

よくある質問

食事編

Q1:家族と同じ料理が食べられるの?
Q2:家族と同じ料理を食べさせていいの?
A1、A2:原則的に食べられないという料理はありません。個人差がかなりあるのが現実です。同じでも結構ですが、個人個人で「天ぷらがだめ!」、「鰻はだめだ!」、「油ものも大丈夫よ。」と様々ですので、手術後は食べてみるといったならし運転が必要となります。勿論、食べる量と速度も問題となりますが。


Q3:食べてはいけない料理はありますか?
A3:胃を切ったから食べてはいけないといった料理はありません。しかしこんにゃく(白滝など)・きのこ・海藻類などの消化吸収の悪い食物は、1度に沢山食べるのはなるべく避けて下さい。これは、腸閉塞(ちょう へいそく)(手術後に腸などが癒着するため腸の内容物の通りが悪くなる病態)をおこす可能性があるからで、他のお腹の手術にも共通する避けた方がよい食物です。


Q4:お酒は飲んでもいいの?
A4:基本的には大丈夫ですが、胃があった時に比べるとアルコールの回りは早くなると言われてます。但し、肝臓疾患など飲酒制限のある他疾患のある患者さまは担当の主治医とご相談下さい。


Q5:1回にちょっとしか食べれないの?
A5:代用胃を作った場合は個人差はありますが、平均的にみると胃があった時に近い量の食事が1度に食べられます。


Q6:すぐに満腹になっちゃうの??
A6:一般にやられている再建法に比べると、代用胃を作ればすぐに満腹になることは少なくなります。


Q7:1日に何回も食事するの?
A7:代用胃を作った患者さまは、平均1日ほぼ3回の食事です。(→手術後の体重と食事量は?


Q8:食べ過ぎた場合はどうなるの?
A8:しばらく安静にして下さい。代用胃は本当の胃に比べると壁を収縮させて食物を混ぜ合わせる(ミンチ)働きが弱いので、食物が十二指腸へ流れ膨らんだ代用胃が小さくなるのを待って下さい。勿論、腹痛など症状が重く軽快しない時は病院を受診されて下さい。

生活編

Q1:痩せちゃうの?
A1:一般的な再建法(ルーワイ法)などのように、頬がこけるなど、極端に痩せることはありません(→手術後の体重と食事量は?)。


Q2:仕事にはもどれるの??
A2:食生活なども代用胃の患者さまは大抵1日に3回の食事で済まされているので、社会復帰は従来の再建法に比べるとスムースと考えます。


Q3:旅行には行けるの?
A3:大丈夫です。10年以上前に胃を全部取られて代用胃を作られた75歳の患者さまは、胃を切ってから半年も経たない時期に約1週間のヨーロッパ旅行に一般の方々と一緒のツアーで行かれたことがあります。何の問題もなくツアーの皆さまとテーブルを囲んだそうです(→エッセイ参照)。但し、個人差があります。


Q4:運動やスポーツへの影響は??
A4:通常の運動やスポーツは大丈夫です。ゴルフやテニスなどをされている患者さまもおられます。


Q5:温泉やサウナは大丈夫?
A5:他に心臓など余病がなければ大丈夫です。但し、頻度は少ないですがたまに冷や汗をかいたり、ボッーとしたりという低血糖発作を起こされる患者さまがおられますので、食後の2〜3時間は最初の内ちょっと気を付けて下さい。普段、そのような症状がない方は大丈夫ですが、万が一に備えて飴玉など甘いものを持参しておきましょう。


Q6:日常生活で何か注意することは?
A6:代用胃の大きさや働きが一定して身体に適合するのは、手術後3カ月位と考えております。それまでは、食事の食べ方や胃切除後症候群といわれるダンピング症状(顔面紅潮、動悸、腹痛、冷や汗)など胃を切った後の合併症は念頭において生活されて下さい。運動や外出などは特に制限はありません。


Q7:市販の胃薬は飲んでも平気?
A7:基本的には大丈夫です。但し、胃の手術をしている事は薬局で薬の購入時に薬剤師さんか販売員さんに一言お伝え下さい。あと胃がないと効果のない薬もありますので注意して下さい。


Q8:後遺症・合併症はあるの?
A8:代用胃を作ったことによる特有の後遺症や合併症はありません。但し、代用胃の作り方は全国さまざまですので、このホームページでお示しした方法で作製した場合ということになります。

Q9:何か薬を飲み続けるの?
A9:絶対に服用しなければならない代用胃特有の薬はありません。1年を過ぎるとお腹の薬は服用されていない患者さまは沢山いらっしゃいます。


Q10:手術後の定期健診があるの?
A10:胃を切ることとなった病気の種類にも依りますが、1年経てば半年に1回か2回の通院で大丈夫です。但し、胃を全部取られた患者さまは、従来の再建法も含めですが、ビタミンB12という物質(胃がなくなると体内に吸収できなくなるビタミンで、長期的に経過して体の中に蓄えがなくなると貧血をおこします)を、2〜3カ月に1回筋肉注射か静脈注射で補充することが必要となります。

手術編

Q1:費用はいくら?
A1:患者さまがお入りの保険にもよりますが、通常の胃切除・再建法と同じです。

Q2:通常の手術より高額ですか?
A2:全て、保険診療で行っておりますので、通常の手術の場合と同じです。


Q3:手術時間は長くかかりますか?
A3:代用胃を作製したりするために、一般的に行われている開腹での手術よりは約1時間長くなります。


Q4:入院期間は長くかかりますか?
A4:通常の開腹での胃切除術とはほぼ同じですが、腹腔鏡でやられた手術よりは、病院にもよりますが1週間程長くなると思います。


Q5:お腹を切る長さ=手術跡が大きく残りますか?
A5:通常の開腹手術とは変わりはありません。ただ、やはり腹腔鏡を使った手術よりは若干長い創となりますが、創跡はケロイド体質だったり、糖尿病など創のあがりが悪い病気をお持ちでなければ綺麗に治ります。


Q6:既に胃切除手術済みですが、この代用胃手術をしてもらえますか?
A6:胃が残っていて十二指腸と直接繋いでいらっしゃる(ビルロートT法)患者さまは可能です。しかし、一度お腹の手術をされていると腸などの癒着という問題もあり、かなり侵襲の大きい手術になる可能性があります。残っている胃に切除しなければならない腫瘍などができた場合は、全部胃を取った後に代用胃を作製することはあります。実際に2回目の胃切除で代用胃を持たれ元気になられた患者さまもおられます。なお、既に従来の方法(ルーワイ再建法)で胃を全部とられておられる患者さまに代用胃を作製するのは、ちょっと難しい手術となり作製できるかは、絶対に出来ないとは申せませんがお約束は出来ません。

その他編

Q1:代用胃は大きくなるの?
A1:手術をしてから3か月位は、徐々に大きくなりますが、その後長い方で15年位診ておりますが、今回ご紹介した代用胃ではほとんど大きさは変わりません(→図12図13図14)。手術の時は、少し小さめの代用胃を作りますので、3か月後位に丁度良い大きさになります。


Q2:一般人の会話で運動習慣がなくなり食事の量が減ると、「胃が小さくなった」などと言いますが、逆に食事量を増やしていくと代用胃が大きくなりますか?
A2:手術して3か月位経つと、それからはそんなには大きくなりません。但し、代用胃やその先に食物の通過障害が発生すると、大きくなり過ぎることがあります。また、手術後食べるのを心配して、1回にあまり食べないでいると、代用胃が小さいままということも考えられます。


Q3:手術仲間同士で情報交換をしたいのですが。
A3:全国的には「アルファ・クラブ(→リンク集)」という胃を切られた患者さまの会があります。しかし代用胃の患者さまだけの集まりは、まだございません。