トップページ

文字サイズ変更
ホーム  交通案内  サイトマップ

トップ病院のご案内診療部のご案内>内科

病院のご案内


医師・看護師募集
研修医・医学生の皆様へ
個人情報の取り扱いについて
リンク集
各種相談窓口
内科のご案内

内科の特色

当院内科は一般内科および専門外来(循環器内科、神経内科、消化器内科、肝臓内科、呼吸器内科、内分泌内科、腎臓内科)に分かれています。内科の病気は多岐にわたるため、はじめて受診された患者様は、まず一般内科医が診察をし、必要があれば専門外来(下記参照)の受診が可能です。初診患者様は原則として紹介状が必要で、再来患者様はすべて予約となります。病診連携を積極的に勧めていますので、開業医からの紹介があれば優先的に専門医の診察を受けられますし、希望があれば近所の開業医をご紹介いたします。  

市民病院という立場から、地域での病気の啓発、検診、診療所、救急外来、急性期および療養病棟入院患者の管理から往診まで、日本内科学会教育病院という立場から専門医の育成、学会への参加と幅広い活動を行っています。内科イメージ写真

診療体制についてはこちらをご覧下さい

患者の皆様へ外来診療のご案内診療体制


内科医師のご紹介

氏名 専門 資格等
仲 元司
(なか もとじ)
糖尿病
循環器科
日本糖尿病学会専門医・研修指導医 
日本内科学会総合内科専門医
長野県糖尿病協会東信支部長
東北信地域糖尿病療養指導士育成会会長
髙濱 充貴
(たかはま みき)
総合診療 日本内科学会総合内科専門医
麻酔科標榜医
マンモグラフィー読影認定医
乳腺超音波読影認定医
人間ドック学会認定医
日本登山医学会認定国際山岳医
南 茂
(みなみ しげる)
糖尿病
一般内科
心療内科
日本総合病院精神医学会指導医
日本精神神経学会指導医
日本医師会認定産業医
 尾形 哲
(おがた さとし) 
 消化器外科
(肝・胆・膵)
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
移植認定医
 豆原 彰
(まめはら あきら)
一般内科 日本内科学会認定内科医
日本リウマチ学会専門医・指導医
医学博士
西森 栄太
(にしもり えいた) 
 一般内科
プライマリケア(家庭医療)
糖尿病
日本内科学会総合内科専門医
日本プライマリケア連合学会家庭医療専門医・指導医
日本糖尿病学会専門医 
 岡田 浩平
(おかだ こうへい)
総合診療 内科認定医
呼吸器学会
内科学会
 西山 修
(にしやま おさむ)
嘱託医師
循環器 日本循環器学会専門医
日本内科学会内科認定医
医学博士 
 横内 裕佳
(よこうち ひろよし)
嘱託医師
一般内科 医学博士
診療所担当 
 福地 聡
(ふくち さとし)
一般内科 日本内科学会会員
日本透析学会会員
日本腎臓学会会員
 依田 淳
(よだ あつし)
一般内科
糖尿病
日本内科学会会員

非常勤医師: 中島 一夫 神経内科
村田 秀行 一般内科
塩澤 堯夫 一般内科
久保田 美佐子 一般内科 糖尿病科
高橋 政義 一般内科 消化器内科
樋口 陽 神経内科
甲斐 一郎 訪問診療
木野田 文也 呼吸器内科
和田 正紀 一般内科 療養(嘱託医師)
樋渡 大 内分泌内科

専門外来で扱う主たる疾患と特殊検査・治療


循環器内科
狭心症、心筋梗塞、弁膜症、心筋症、心不全、肺血栓塞栓症、不整脈、 大動脈解離・大動脈瘤(必要に応じて血管外科に依頼)など 心臓カテーテル検査、経胸壁・経食道心臓エコー検査、ホルター心電図、トレッドミル検査、各種RI検査、冠動脈インターベンション、ペースメーカー植え込み、経皮的僧帽弁形成術など

神経内科
脳梗塞、パーキンソン病、認知症、頭痛、てんかん、末梢神経炎、脳炎・髄膜炎、多発性硬化症などの神経難病など CT・MRI検査、RI検査、脳波検査、筋電図検査、頚部血管エコー検査

消化器内科
1. 消化器疾患 
逆流性食道炎、胃十二指腸潰瘍、炎症性腸疾患、食道癌、胃癌、大腸癌、大腸ポリープなど
2. 膵・胆道疾患 
急性膵炎、慢性膵炎、胆嚢結石、総胆管結石、膵・胆道悪性腫瘍など
CT・MRI・超音波検査、内視鏡検査(上下部内視鏡など) H.pylori除菌療法、抗癌剤治療など 

肝臓内科
急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝膿瘍、肝癌など インターフェロン療法など

呼吸器内科
肺炎、胸膜炎、気管支喘息、肺気腫、慢性気管支炎、肺癌など らせんCT検査、気管支内視鏡、在宅酸素療法、在宅呼吸器療法など

内分泌内科
甲状腺疾患、副甲状腺疾患、下垂体疾患など    

睡眠時無呼吸外来

『夜、何度もトイレに起きる』 『高血圧』 『日中よく眠くなる』 『いびきが大きい』 『肥満』
など、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあり、希望する方を対象に診察いたします。
この病気は、睡眠中に何度も呼吸が止まる状態(無呼吸)を繰り返し、循環器系・呼吸器系疾患の合併症を引き起こしやすくなります。