トップページ

文字サイズ変更
ホーム  交通案内  サイトマップ

トップ病院のご案内診療部のご案内>外科

病院のご案内


医師・看護師募集
研修医・医学生の皆様へ
個人情報の取り扱いについて
リンク集
各種相談窓口
外科のご案内



外科の特色

当院の外科は1年365日、1日24時間、佐久の地域医療を担っていると自負しております。胃がん・大腸がん、肝・胆・膵臓がんなどの消化器がんや乳がん、甲状腺がんなどの内分泌がん、肺がんなどの悪性腫瘍の外科治療、抗がん剤治療、緩和医療が診療の中心ですが、腸閉塞、虫垂炎、そけいヘルニア、自然気胸、下肢静脈瘤などの良性疾患の外科治療も行なっています。昭和38年、県内初の心臓手術を手がけた先取の精神を忘れず、中堅スタッフは、標準的な医療を確実に実践しながら、若いスタッフと共に最新医療技術の導入にも研鑽しています。また、研修医にも指導医クラスが直接指導して明日の日本の医療を担う人材の育成に努めています。

診療体制についてはこちらをご覧下さい

・ 患者の皆様へ外来診療のご案内診療体制


外科医師のご紹介

氏名 専門 資格等
松永 祐治
(まつなが ゆうじ)
消化器外科
一般外科
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医
麻酔科標榜医
日本医師会認定産業医
検診マンモグラフィー読影認定医
日本救急医学会会員
都井 眞
(とい まこと)
消化器外科 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医
麻酔科標榜医
池田 正視
(いけだ まさみ) 
消化器外科
(胃、代用胃の作製)
日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本胃癌学会代議員
信州大学医学部臨床教授
「胃癌術後評価を考える」 ワーキンググループ発起人
医学博士
 箕輪 隆
(みのわ たかし)
心臓血管外科
呼吸器外科
日本外科学会専門医
日本脈管学会専門医
麻酔科標榜医
ICD
日本医師会認定産業医
 
塩原 栄一
(しおはら えいいち)
消化器外科
(肝・胆・膵)
日本消化器外科学会認定医
日本肝臓病学会専門医
日本外科学会専門医
日本消化器病学会専門医
 尾形 哲
(おがた さとし 
 消化器外科
(肝・胆・膵)
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
移植認定医
 富岡 寛行
(とみおか ひろゆき)
消化器外科
(大腸)
腹腔鏡手術
肛門外科
便失禁に対する仙骨神経刺激療法
日本外科学会指導医・専門医・認定医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医(大腸)
日本大腸肛門病学会評議員・指導医・専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会ストーマ認定士
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
インフェクションコントロールドクター
日本医師会認定産業医
日本産業衛生学会専攻医 
西田 祥二
(にしだ しょうじ)
消化器外科、
一般外科
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会会員
日本臨床外科学会会員
日本内視鏡外科学会会員
日本胃癌学会会員
松本 涼子
(まつもと りょうこ)
一般外科 日本外科学会専門医
日本消化器内視鏡学会会員
検診マンモグラフィー読影認定医
日本乳癌学会会員
日本胃癌学会会員
 吉安 俊介
(よしやす しゅんすけ)
 一般外科 日本外科学会会員
日本消化器外科学会会員
日本臨床外科学会会員
日本胃癌学会会員
 後藤 諒
(ごとう りょう)
   
 中島 由槻
(なかじま ゆつき)
嘱託医師
 呼吸器科 結核病学会専門医
呼吸器外科学会指導医
呼吸器学会専門医
日本外科学会指導医
呼吸器内視鏡学会指導医 
 増田 裕行
(ますだ ひろゆき)
非常勤医師
 乳腺内分泌外科 日本外科学会専門医
日本内分泌外科専門医

診療内容


【消化管外科】
胃がん・大腸がんに対する手術および抗がん剤による治療が中心です。症例に応じて、腹腔鏡下手術も施行しています。腸閉塞や腹膜炎、虫垂炎などの緊急手術も数多く行っています。鼠径ヘルニアに対しても各種の手術を行っています。消化器疾患の薬剤治療(ピロリ菌の除菌など)や、胃・大腸ポリープの内視鏡下治療も行っています。
胃がんなどで胃を大きく切った際には、なくなってしまった胃の代わりに小腸で胃を作る 代用胃(パウチ)間置術 という手術も行っています。代用胃を作成することで通常の手術に比べて、胃切除後の困った症状(胃切除後症候群)は少なくなり、手術前とあまり変わらない日常生活が送れるようになります。
   代用胃紹介 ホームページ~胃をきっても かわらぬ生活を~ ←こちらをクリックしてください。

【肝・胆・膵外科】
肝臓がん、胆管がん、胆嚢がん、膵臓がんの進行程度に応じて標準的手術あるいは標準的な化学療法を実践しています。
胆石症に対しては患者様の術後回復の早い腹腔鏡手術を実践しています。総胆管結石に対する内視鏡治療も行っています。

【呼吸器外科】
肺がんに対し、患者様の術後回復の速い胸腔鏡を利用した標準的手術を実践しています。
若年者の痩身の男性に多い自然気胸も胸腔鏡手術で短期間の入院で治療を終わらせています。
若い女性に多い手掌多汗症、喫煙男性に多いバージャー病の手指冷感に対しても胸腔鏡下交感神経切除を行っています。

【血管外科】
胸郭出口症候群、腹部大動脈瘤に対する人工血管置換術、急性動脈血栓塞栓症に対する血栓除去術、下肢閉塞性動脈病変に対する人工血管または自家静脈バイパス手術、下肢静脈瘤に対してはストリッピング・硬化療法を第一選択として治療しています。不全穿通枝による静脈うっ滞性潰瘍に対しては内視鏡を使ったSEPS手術を県内に先がけて行っています。
深部静脈血栓症に対する一時的下大静脈フィルター留置下血栓溶解療法などを行っています。
乳癌・子宮癌・術後の四肢のリンパ浮腫に対する複合理学療法と日常生活指導も行っています。

【乳腺外科】
乳がんの診断、および手術・化学療法による治療を主に行っています。診断面では、近隣の診療所の乳腺外科専門医と連携して、質の向上にも努めています。
形成外科の協力により、自家組織を用いる乳房再建にも積極的に取り組んでおり、患者様がより満足度の高い治療を受けられるよう努めております。

【甲状腺・副甲状腺】
機能亢進疾患・占拠性病変に対する手術を行っています。