佐久市立国保浅間総合病院
変形性膝・股関節症の治療方針方法

はじめに

以前より、当院整形外科での変形性膝・股関節症に対する治療方針の特徴は、「積極的に保存治療(手術以外の治療法)を行い、できるだけ手術せずに患者さんの痛みや機能を改善させることを目指す」ということでした。
その中でもリハビリテーションは非常に重要な役割を果たしており、手術が必要と言われて当院を初めて受診された方であっても、当院のリハビリに通って治療を行い、症状が改善して手術を回避・延期できた方々もいらっしゃいました。
しかし、リハビリ通院を続けたくても、仕事や子育て、介護などでなかなか時間を作ることができず、治療が思うように行かない方もいらっしゃいました。

そこで2016年より、「自宅で、自分で行うことのできる治療法」としてゆうき指圧大谷内輝夫院長により開発されたホームエクササイズ(PSTRエクササイズ:ゆうきプログラム)を導入したところ、通院回数が少なくても痛み・関節機能を改善させ、ホームエクササイズを継続することで手術の回避・延期が実現できている患者さんが増えました。

この治療法はゆうき指圧だけでなく、福岡和白病院関節症センター(林 和生センター長)においても約10年間の治療実績があります。
その治療経験を分析した結果、変形性膝・股関節症の痛みの原因は「関節面からの痛み」の場合と「関節外の軟部組織(主に靭帯)からの痛み」の場合があり、「関節外の軟部組織(主に靭帯)からの痛み」の多くは「PSTRエクササイズ」で症状が改善する、ということがわかってきました。
この臨床成績は林センター長らがOARSI 2015(世界変形性関節症会議2015.4.30〜5.3、米国・シアトル)や第43回日本股関節学会(2016.11.5、大阪)などで発表されています。
和白病院 関節症センター:変形性股関節症患者の機能を改善させる新しいホームエクササイズの画期的効果について
「関節面からの痛み」の場合や「関節外の軟部組織からの痛み」でも長期間放置され可動域制限が強い場合は「PSTRエクササイズ」を行っても症状が十分改善せず、手術の対象になることが多いですが、その場合でも術前に「PSTRエクササイズ」を行い、「筋肉を全く切らない人工関節手術」を行うことで、術後の早期回復・社会復帰が期待できます。

またこの治療法を応用して、初診時に手術が本当に必要か、それとも回避・延期が可能かを判断することができるようになり(PSTRテスト)、今まで明確なものがなかった手術適応の判断基準が明らかになるのではないかと考えております。
和白病院 関節症センター:初診時のPSTRテスト

このホームページでは、新しいリハビリ治療「PSTRエクササイズ:ゆうきプログラム」と「筋肉を全く切らない人工関節手術」を中心に、当院における変形性膝・股関節症の治療方針を紹介させていただきます。

担当医師プロフィール

佐久市立国保浅間総合病院整形外科部長・救急医療部長 角田俊治(つのだ としはる)

学歴 千葉大学医学部卒業
資格 日本整形外科学会専門医
所属学会 日本整形外科学会、日本股関節学会、日本人工関節学会