佐久市立国保浅間総合病院

変形性膝・股関節症の治療方針方法

筋肉を切らない人工関節手術について

人工関節置換術は、変形性関節症や関節リウマチなどの疾患やケガなどによって変形した関節を金属やセラミック、ポリエチレンなどでできた人工関節に置き換える手術です。
他の治療法と比較すると短期間で痛みや歩行能力の改善が可能になる、切れ味の良い治療法です。
手術件数は年々増加傾向にあり、2013年には国内で13万件以上の手術が行われています。
その約96%が股関節と膝関節の人工関節です。

人工関節置換術が必要になる原因は?

ほとんどが変形性関節症という関節の疾患です。
変形性関節症は、車のタイヤが走行距離に応じてすり減っていくのと同じように、関節の軟骨が長い時間をかけて少しずつすり減り、骨が変形します。
関節の変形は全身のどの関節にも発生しますが、特に体重がかかって酷使されやすい股関節や膝関節に発症しやすい傾向にあります。
70歳以上の女性の70%が変形性膝関節症を発症しているという報告もあります。
その他には関節リウマチや骨壊死症があります。
関節リウマチは身体を守る役割をしている免疫細胞が自分の関節を間違えて外敵と認識して攻撃してしまう病気で、全身の関節軟骨が破壊されるために体を動かすと激痛が生じます。
骨壊死症は関節の体重がかかる部分の骨が血流の低下により壊死(骨組織が死んだ状態)に陥った状態です。
骨壊死に陥った部分が潰れることにより、痛みが出現します。

人工関節置換術を行うタイミング

股関節や膝関節の痛みに対する第一の治療が人工関節ではありません。
外傷や著しい関節破壊など緊急性のある場合を除いて、まずは手術以外の治療(保存治療)を行います。( 変形性膝関節症の治療方針はこちら 股関節症の治療方針はこちら
保存治療をとことんやってみて、それでも痛みが取れない場合に、人工関節に入れ換える手術を考えます。
人工関節の手術は患者さんにとって最終手段ですので、万全を期して行いますが、後に述べる合併症が起こる可能性もあります。
じっくり考えて手術をするか決めてもらいます。
患者さんが手術をすると覚悟を決めたからには、私たち整形外科医は最善を尽くします。
以前は傷が大きく、関節周囲の筋肉を切離して手術を行っていましたが、近年の医療技術と材料の進歩によって、筋肉を切らない人工関節置換術が可能となり、術後回復が早く、早期退院、早期社会復帰が期待できるようになりました。当院では、人工股関節全置換術には仰臥位前方手術(Direct Anterior Approach:DAA)、人工膝関節全置換術には大腿四頭筋温存手術(Under Vastus Approach:UVA)を導入しており、多くの患者さんが手術翌日から立って歩く練習を始めています。

人工関節の良い点・悪い点

人工関節置換術をして良い点は、痛みがなくなることです。
歩き始めや立ち上がる動作、階段の昇り降りが楽になります。
必ずしも完全に痛みがゼロになるとは限りませんが、手術前の激痛と比べたらほとんど痛くないと言われる方が多いです。
逆に悪い点は、感染や血栓症などの合併症を起こす可能性があることと、将来人工関節が弛む可能性があることです。
合併症の発生率は統計によると感染は約1~2%、重症な血栓症である肺血栓塞栓症は約1%です。
人工関節は、材料の進歩によって今では20年以上持つだろうと言われていますが、弛んできた場合は再置換術が必要なこともあります。
手術を受けられたら、経過が順調でも年1回程度は医師の診察をうけることをお勧めします。

人工関節置換術の実績(2016年度)

人工股関節 59件
人工膝関節 57件